引き寄せの法則 書籍

「ザ・チケット」書籍紹介

幸せを引き寄せる

電子書籍販売サイトで、以前からずっと

1位を取り続けている凄い本

ザ・チケット」の紹介をします。

 

本書は、願望を実現するために努力することで

実際に遠ざかってしまう理由を解明し

それらを無効化することで現実を変える

シンプルな方法を提供しています。

タイトルには「全ての幸せを求める人へのチケット」

という思いが込められています。

 

本書を読むことで

  • 願望実現
  • 反芻思考(はんすうしこう)の消滅
  • 人生に笑いの増加
  • 現実の変化
  • マイナス思考の消滅
  • 人生が簡単で楽しく

 

 

本書の最初のポイントは「今ここで願望実現」です。

 

「今ここ」で願望実現

「願望」を実現させるには

過度に考えたり目標に

固執してはいけません。

 

代わりに

願望を実現したと感じる

瞬間をイメージし

 

それに対して感謝の気持ちを持ちましょう

これにより

願望が実現する状態を

思考することで

現実にもそれが

叶うようになります。

 

 

 

願望を実現するためには

ストレスや不安を

手放すことが重要です。

 

 

「なんと!自分の夢も手放すの?」

と思うかもしれませんが

そうなんです。

 

 

その状態を「安心した状態」と呼び

自分の夢や願望も手放すことで

現実が変わることができます。

 

理由は、夢に「執着」すると

不足感を感じることがあるからです。

 

 

それでは、「恐れ」や「願望」を手放し

「自己を手放する」状態になるには

どうすればよいでしょうか?

 

 

 

「今ここ」に集中することです。

集中することで

心を落ち着かせ

生活を豊かにすることができます。

 

常に何かを考え

頭がいっぱいになっている

ことが多いのですが

それらの思考はほとんど

「過去」や「未来」に関するものであり

「現在」に集中していないのです。

 

それを改善するためには

「今この瞬間」に

集中することが必要です。

 

 

心を過去や未来に向けているため

不安や恐れが生じることがあり

過去や未来に思考が

生じている時には

意識が現在から離れていることが

多いのです。

 

これを避けるためには

今この瞬間に意識を

向けることが重要なのです。

 

 

思考を過去や未来から現在に移すことで

願望を実現するために

必要なトレーニングができます。

 

本には、現在に集中する

方法が書かれており

それを学ぶことで

願望の実現に近づくことができます。

 

 

まず、心を静めるために

静かな場所を見つけましょう。

そして、思考をクリアにし

現在のこの瞬間に集中しましょう。

「今、今、今、今、今、今、今」

 

声に出しても

出さなくてもOKです。

心の中だけでも効果があります。

 

「今、今、今」と唱えることで

意識を「今この瞬間」に

戻すことが必要です。

これを繰り返し行うことで

「今この瞬間」に集中することができ

「今この瞬間には何もない」

ということが分かるようになります。

 

 

 

 

本には次のように書いてあります。

 

『我々が“ある”と感じていたものは実はなく、この瞬間には“何も存在していない”ということに気付きます。
“ある”と思っていたものは全て、働かせていた“思考と感情によるもの”であることが分かります。
“今この瞬間”だけに意識の焦点を合わせると、思考を働かせることは逆に不可能であることに気づきます。なぜなら、そこでは“何も起きておらず”、“考える対象が存在していない”からです。』

「現在」に集中することで

良い事も悪い事も何も起きていない

「空白の状態」に気づけ

自分の意識だけが存在することが

分かるようになります。

 

頭の中に

「許せない」気持ちが出た時は

「今この瞬間」に

集中するトレーニングを続けることで

「反芻思考」から解放され

「安心した状態」になることができます。

 

「意識を今この瞬間に合わせる」ことで

「今だけが存在する」ということを悟り

「反芻思考」から脱却することができます。

 

もし「反芻思考」が止まらない時は

次の項目を試してみて下さい。

 

「笑う」と幸せになる

「笑うこと」は、心を豊かにし

幸せな気持ちにさせることができます。

笑うことは、喜びや面白さ

怒りや不安を手放す時にも起こります。

そして、この身体の機能は逆に使うことで

精神的に豊かになることができるのです。

 

 

 

「笑うこと」を利用して

不安や恐れから解放し

願望を実現するための一つの方法として

利用することができます。

 

つまり

自分で脳を幸せだと

錯覚させることで

不安や恐れから解放し

願望を実現するために役立つのです。

 

 

「笑うこと」を習慣にすることで

幸せな気分を引き起こすことができます。

小さなことでも「大袈裟に笑う」ことで

「笑いのツボ」を浅くし

幸せな機会を増やすことができます。

些細な事から「笑う練習」をすることで

身体を使って「幸せな感覚」を

作り出すことができるのです。

 

 

 

「笑いのツボ」を浅くすることで

自分自身や周りも

幸せにできるということです。

 

「面白いこと」を見つける能力は

自分自身の力で身につけることができ

「面白いこと」は起こるものではなく

自分が見つけるものだということです。

 

 

これにより

日常生活から笑いを見つける能力を付け

それが自然に「ポジティブで明るい人」に

なることができるのです。

また、人と話している時や

テレビや映画を観る時にも

意識的に「面白い要素」を

探して笑うようにすることが重要です。

 

もし現在

自分が明るいタイプではないと感じるなら

日常的に小さなことでも

大袈裟に笑うトレーニングをすれば良いです。

これによって自然と

ポジティブで明るい人に

なることができます。

 

本には次のように書いてあります。

 

『“笑う”ことは、“次の幸せの予約”と言えます。
現状が受け入れ難い苦しいものであったとしても、笑ってみてください。
「とてもじゃないけど、そんな気分じゃない」と感じるかもしれませんが、気分などというのは“浮き草”のようなものです。
笑っていたかと思えば、次の瞬間には怒っていたり、移りゆく状況に応じて“常に変化”しているものです。
だから、「今とてもそんな気分じゃない」としても、ちょっとだけ“未来の感情を先に表明”したって構わないんです。
感情を、状況への単なるリアクション装置としてではなく、“現実創造装置”として積極的に使っていってください。』

 

 

簡単に言うと

良い時も悪い時も

なるべく笑うことで

強制的に幸せな気分になることができます。

 

だから、「アイツは絶対に許せない」

というような深刻な顔をするのではなく

「いや、参ったな。

あいつは本当に性格が悪いな、

マジ笑っちゃう」と

笑い飛ばすようにしましょう。

 

 

このように、「笑う」ことで

辛い時や不安な時にも

感情を和らげ、

憎しみや不安の感情から

解放することができます。

 

それに、「笑う」ことで

自然に幸せな気分になることができるため

「笑う」ことを意識し

日常に取り入れることが重要です。

 

自分の感情を意識的に

ハッピーに保つことで

ネガティブな「反芻思考」も

自然と止まります。

 

特に「意識して笑うこと」は

「思考の堂々巡り」から抜け出す

確率が高まります。

また、頭の中の「ネガティブなお喋り」が

止まらない時には

ありがとうの力」を

使うことが有効です。

 

 

そこで次のポイント。

 

「ありがとう」の力

この方法を簡単にまとめると

次のようになります。

どんな状況でも「ありがとう」と

唱え続ければいいのです。

不安なとき、怒っているとき、悲しいとき

お会計をするとき、鏡を見るとき

妻や夫のことを考えるとき

朝起きたとき、夜寝る前

どんな状況でも「ありがとう」と

唱え続ければいいのです。

 

「ありがとう」という言葉には

強力なパワーがあると言われています。

この方法は、色々な難しいことを考えずに

どんな人やどんな出来事に対しても

「ありがとう」と言うだけの簡単な方法で

良い気分になり、願望を叶えることができます。

特に、仏教の哲学や瞑想を学ぶのが

面倒な人にはおすすめです。

 

 

 

「ありがとう」と言うことは簡単ですが

効果を上げるためには

「この言葉には強力なパワーがある」

ということを意識しながら使うことが重要です。

 

それに、「ありがとう」を言う時には

「深い感謝」を持って言うことが大切です。

 

特に、嬉しい時やパートナーに対しては

きちんと感謝することが容易です。

 

最悪な気分の時には

心を込めて「ありがとう」と

言うことができないことがあります。

そんな時は、誰に向けるわけでもなく

取りあえず「ありがとう」と

言うだけでOKです。

 

何に対しての「ありがとう」

なのか

深く考えなくても構いません。

 

 

生きていることに対して

感謝することは大切です。

それは、地球に生まれる確率が

非常に小さいことからもわかります。

 

しかし

感謝する対象は個人差があるため

自分にとっての適切なものであればOKです。

「有り難いなぁ」と感じれば

それで十分です。

 

本には次のように書いてあります。

『「ありがとう」と唱える対象を探さないでください。
エゴの認識できる範囲内にはありません。
それは認識できなくて良いんです。
あなたが対象も根拠もなく「ありがとう」と言う時、あなたは感謝する対象と根拠を実際に“創造”しています。
大切なのは、“ニュートラルな現象”に対して、あなたが“どの現実を選択するか”です。
あなたが選択したものが、あなたの現実として現れてきます。』

 

 

簡単に言うと

先ほどの「笑い」の力と同じで

それを使って意識的にハッピーな

気分を作り出すことができます。

「ありがとう」を言う対象は特に必要なく

単に「ありがとうの瞑想」を

するだけでOKです。

 

 

「ありがとう」と言うことで

感謝できることや

根拠が現れるようになります。

そして、「ありがとう」を

先に言ってしまえば

それにふさわしい現実を

創造することができるんです。

自分の言葉や思考には

凄まじいパワーが

宿っていることが分かります。

 

 

「現実を変える方法」

 現実を変えるためには

通常はビジョンを描き

多くの努力をしたり

毎日の瞑想トレーニングをします。

 しかし、著者は

現実を変えるために頑張る必要もなく

訓練する必要も全くないと言っています。

仏教の難解な哲学や

自己啓発本の高度なテクニック

心を鍛えることも一切不要だと言っています。

 

 

本書には現実を変えるための

19の超簡単な方法が載っています。

ここではそのうちの3つだけを紹介します。

これらの方法は非常に手軽で

実行するだけで現実が変わることが分かります。

 

「なぜこんなに効果が出るか」と言うと

シンプルだから「覚えやすい」し

「1秒あれば実行できる方法」なので

毎日のちょっとした

隙間時間に実行でき

回数を重ねることで

効果を出しやすいからです。

 

特に努力をしたり継続することが

苦手な人には適した

方法だと著者は考えています。

簡単に現実が変わりますよ。

 

 

「完璧だ!」

どんな状況でも

これは完璧だ

と言葉を発する。

 

 

不安や失敗を感じた時に

「完璧だ」と口にすることで

現実が変わるという方法です。

 

 

自分自身が完璧ではないことや

状況が最悪だと感じても

それを否定もせず

受け入れることで

不安や失敗を

乗り越えることができます。

 

 

現状に満足しない思いや不安があっても

それらを抵抗するのではなく

受け入れつつ

「完璧だ!」と言うことが大切です。

 

本には次のように書いてあります。

『実際に状況は完璧なんです。
あなたが、たとえ今どのような印象で状況を認識しているかに関わらずです。
あなたは断定することで、単に別の領域における真実を認定しているだけです。
しかし、この単純な認定には、極めて重大な意味があります。
認めることで、それは現れてくるんです。
なぜなら、それは別の領域における真実だからです。
よって、あなたがどう感じていようが、ただ認めてしまえばいいんです。
そうすれば、それは自ずと現れ、展開していくようになります。』

 

 

自分にとっての

「完璧」に近づくために

「完璧だ!」と言うことが大切です。

不安や悩みがあっても

それを受け入れながら

「完璧だ!」と言うことで

良い現実を引き寄せることができます。

この習慣を身につけることで

悟りの状態に近づき

不安や恐れもなく

願望への執着もなく

人生が思い通りに

進むようになります。

 

人生のすべてのタイミングで

完璧な人や場所

出来事が提供されていると考えます。

「完璧だ!」と言うことで

良い面が見えてきて

良い現実を引き寄せることが

できるということです。

 

不安や恐れもなく

願望への執着もなくなり

人生が思い通りに

進むようになります。

常に「完璧だ!」と

言うようにしましょう。

 

 

「ああ、そうか!」

これは

どんなシチュエーションでも使える方法です。

不安やストレス

人との関係の問題などでも

「ああ、そうか」と言うことで

新しい視点を持つことができ

思考を転換することができるというものです。

 

「ああ、そうか!」と言うことで

脳の中の神経伝達が変わり

問題の解決や決断が

しやすくなるという方法です。

特に、問題の解決や決断が

必要な時に役立ちます。

これは簡単にできる

お手軽なテクニックです。

 

 

本には次のように書いてあります。

 

『「ああ、そうか!」と、取りあえず根拠なく、ただ納得してください。
可能なら、声に出しても構いません。
手を打ったり、大袈裟なアクションを加えてみるのも効果的です。
ずっと思い出せなかった誰かの名前を、突然思い出した時のような感情や動作、声の調子でやってみてください。』

 

 

「これは面白い!」

 

「困難な状況を楽しんで受け入れる」

簡単な方法です。

自分の人生を

「映画やゲームのように」楽しむことで

困難な状況も楽しんで

受け入れることができます。

問題が起こらない映画はありません。

トラブルが無いドラマは

人気が出ないのです。

 

 

これは、現実でも同様です。

人生はゲームのように

問題や苦難があってこそ面白いものです。

問題を抱えることで

感情の多様性が生まれ

それらは人生を豊かにします。

そして、苦しみや悲しみも

喜びや愛情と同じく

人生の一部であることを理解し

受け入れることが大切です。

 

 

人生の中で起きる問題を

「これは面白い」と捉えることで

それらを楽しむことが

できるようになります。

これは、感情を込めて

言えるようになることが重要で

そうすることで、困難な状況でも

「感謝」の気持ちを

持つことができるようになります。

本には次のように書いてあります。

 

『まず、状況から、「深刻」という属性を取り除いてやることです。
そして、「楽しい」という属性を与え直してください。
そうすれば、その属性に従った形で、現実は展開していきます。
「面白い。このプロセスがどう展開していくのか、興味を持って観察することにしよう」、このように考えることで、プロセスの終着点がハッピーエンドに設定されるんです。』

 

簡単に言うと

自分の人生を「ゲーム感覚」で捉え

問題が起きても

「これは面白い!」と

考えることが大切で

そうすることで実際に

楽しめる現実が

生まれるということです。

 

 

まとめ

 

願望をかなえることは

誰にでもできることです。

ストレスを持たずに

心を落ち着かせながら

取り組むことが重要です。

今回紹介した「ザ・チケット」は

非常に面白いので

是非読んでみることをお勧めします。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

皆様に幸運が訪れますように。