スピリチュアルや宇宙の法則を学び満足できる人生を生きるためのサイトです

宇宙の法則で幸せを引き寄せる

引き寄せの法則 書籍

「私はできる!」書籍紹介

投稿日:2020-10-09 更新日:

『私はできる!』~すべてをかなえる「おまじない」~(ルイーズ・ヘイ/著)をご紹介します。

 

自らガンを克服し、世界3500万部のベストセラー本を出版した“ルイーズ・ヘイ”が贈る、人生をバラ色にする1冊です。
繰り返し口にすれば人生が必ず変わる、180個以上の「おまじない」も書かれており、とても読みやすい本です。
その中でも、「お金を引き寄せる“おまじない”」、これをメインに説明します。

 

今回は、3つのポイントで説明をします。
➀一瞬一瞬「自己暗示」が働く
➁「お金」に対する「肯定的」なイメージ
➂毎日「創造力」を発揮する
この3つを順に説明をしていきます。

 

一つ目のポイント、「一瞬一瞬“自己暗示”が働く」を説明していきます。

 

一瞬一瞬に「自己暗示」が働く

僕達の人生は、普段使う「言葉」によって、もっと良くなります。
「いい言葉」が「いい人生」を作り出すんです。これを具体的な方法として落とし込んだのが、「アファメーション」になります。
アファメーションとは、「自分に対する宣言」とか「自分への断定」という意味です。
「肯定的なアファメーション」ばっかり自分自身にしていれば、人生はどんどん良くなっていきます。

 

多くの人が「自分には悪い出来事ばかり起こるから不平不満が募る」と思い込んでいます。しかし、本当は順番が逆なんです。
普段から否定的な考え方ばかりしているから、それが潜在意識に働きかけ、ネガティブな出来事を引き寄せています。真実は「言葉」や「思考」が、自分の人生を毎日創り出しているんです。
これをきちんと理解して、毎日に活用している人が実に少ないです。また、たとえ理解していても、普段は忘れている人も多いです。

 

だから、肯定的な“アファメーション”を毎日忘れないように行い、プラスの人生を引き寄せることが大切です。
毎日の節目節目に、「私はできる!」「私は変われる!」「未来は素晴らしいものになる!」と、自分自身に語りかけるんです。
肯定的な「アファメーションをする」ということは、「言葉を意識的に選ぶ」ことによって、自分の人生に「良いこと」を引き寄せ、「悪いこと」を遠ざけることです。

「言葉を意識的に選択する」習慣がつけば、「世界の見え方」も変わってくるし、実際に起こる「出来事」も変化してきます。

僕達が、誰かと会話をしている時、一人で何かを考えている時、これら全てが「アファメーション」になっています。
要は、「朝起きた瞬間」から、強烈な「アファメーション」が働いているんです。

だから、「毎朝起きた瞬間に、何を考えているか」を、一度チェックしてみたほうがいいです。
朝起きた瞬間に、「怠いなー」とか「今日も仕事かー」と考えてしまったら、そこでゲームオーバーです。

起きた瞬間に、このように考えてしまったら、「意識的に生きること」への努力がまだ足りません。
「会話の内容」「独り言」など、“全てがアファメーション”として働いているのを、一時も忘れてはならないんです。

 

ここで、アファメーションとは、ざっくり言うと“おまじない”のようなものです。
「お金が無いなぁ」といつも考えていたら、いつも「お金が無い」という“おまじない”を自分にかけている、という事です。同様に、「もっと給料が上がらないかなー」と考えていたら、いつも「給料が少ない」という“おまじない”を、自分にかけていることになります。

 

例えば、日本人なら、年に1回は神社などに“おまじない”をしに行くはずです。
それでも、ほとんどの人が願望を実現出来ないのは、「年に1回しか“おまじない”をしていない」からです。
その一瞬だけは、自分の思考に対して「意識的」だから、「肯定的な“おまじない”」をしています。でも、残りの364日は、「否定的な“おまじない”」を数多くしているんです。だから、多数決で「否定的な出来事」を沢山引き寄せてしまいます。

 

同様に、このような本を読んで、ちょっとやる気になって、「プラスのおまじない」を1日1回唱えたとしても、残りの時間を「不満」ばかり言っているようでは、効果は出ません。

このように、残りの多くの時間を「ネガティブな思考」で過ごしてしまうのは、自分の「信念がネガティブ」だからです。
だから、「ネガティブな信念」を書き換えない限り、「マイナス思考」は一向に無くなりません。

 

そして、この“信念”を書き換えるのに一番有効なのが“おまじない”、つまり、“アファメーション”になります。繰り返し繰り返し“おまじない”をすることが大切なんです。

毎日意識していると、自然と“信念が書き換えられて”いきます。
よって、年に1回元旦に“おまじない”をしに行くのではなく、本当は、一瞬一瞬「肯定的なおまじない」を意識しなければならないんです。
ただ単に、普段は「意識していない」から、「否定的なおまじない」をしてしまいがちなんです。

意識的でさえいれば「肯定的なおまじない」が、誰でも出来るんだから、毎日「ただ意識すればいい」だけです。毎日を、一瞬一瞬を、ただ意識的に過ごせばいいんです。

 

常に自分が「宇宙の創造の力」にアクセスして、「引き寄せ」が休むことなく働いていることを本当に理解すれば、自然と「意識的」になるはずです。
「一瞬一瞬に“おまじない”が働いている」ことを、きちんと理解すれば、「これはやばい」と思って、毎日を「意識的」に生きるようになります。

 

とにかく、大切なのは、「気分が良くなることを思い浮かべる“回数”を増やしていくこと」です。1日の内に、何度も「楽しい事を意識的に考えていく」のが大切なんです。

これは、「努力で何とかなる」ものです。
常日頃「いい気分」でいることを“習慣”にまでしてしまえば、不思議とそれだけで、人生に素晴らしい変化が現れます。

 

とは言っても、さすがに“100%ポジティブな状態”を、24時間維持することは不可能なので、まずは1日の“50%以上はポジティブな状態”を目指すことが大切です。

50%さえ越えれば、少しずつでも、人生は良い方向に進んでいきます。
僕も、自分的には、75%くらいはポジティブな状態でいられるようになった気がします。これくらいでも十分、「人生が思い通りに進んでいく」と思えるような出来事が、沢山引き寄せられてきます。

 

自分のプラス思考が、50%を超えているかどうか、いまいち分からない人は、次のことを想像してみると分かりやすいです。
「自分の将来や、世界の未来を想像してみて、ワクワクすることが多い」なら、50%を超えています。これが一番分かりやすいです。

自分の人生が、どちらかというと「良い方向に進んでいる」と思うのか、それとも「悪い方向に進んでいる」と思うのか、これを考えてみると、自分が「ポジティブ寄り」で生きているのか、「ネガティブ寄り」で生きているのかが分かります。

 

もし、未来に対して、どちらかというと「ネガティブなイメージ」を持ってしまっているなら、まずは、その未来に対する「ネガティブなイメージ」を、ちょっとでも「ポジティブに変換」すればOKです。

「自分の将来は大丈夫かな?」という考え方を、「5年後は、もう少しマシな生活になっているはずだ」という考え方に少し変えるだけで、人生は大幅に変わります。
これは、「未来に対する良いイメージ」から、「人間のパワー」は生まれるからです。

「より良い未来をイメージできる人」は、「ポジティブな性格」になり、「今より悪い未来をイメージする人」は「ネガティブな性格」になっていきます。
そして、その通りに「引き寄せ」は働きます。

 

このように、ネガティブ思考1つに対して、ポジティブ思考を2つ以上やっていくことが望ましいのですが、どうしてもネガティブに陥りやすいシチュエーションがあります。
それは、「お金を払う時」です。
そこで次のポイント。

 

お金に対する肯定的なイメージ

お金を引き寄せるには、「お金に関する事柄全般に対して、良いイメージ」を持たなければなりません。

どういう事かというと、「誰かがビジネスで成功して大金を手に入れた時に良い気分になり、大富豪を想像した時に良い気分になり、自分の給料を見て良い気分になり、ローンの支払いをする時にも良い気分にならなければならない」ということです。

 

そこでまずは、「お金に対して自分がどのような考え方をしているか」を、調べてみる必要があります。

「お金が全くない」「お金は出て行く一方だ」「年収が少ない」「金儲けは悪いことだ」など、このような考え方を持っていると、お金に対して「否定的な“おまじない”」をしていることになります。

このような「お金に対する否定的な考え」を、全て捨てていく必要があります。
宝くじに当選した人や、遺産を相続した人が、2年以内にほとんどを使い果たしてしまうのは、たとえお金を手に入れたとしても、「お金に対するポジティブな考え方」を手に入れていないからです。

 

収入に直結する“職場”も同じで、否定的なイメージを持つと、お金を引き寄せることは出来ません。
上司や同僚、仕事内容など、それらに「否定的な考え」を持っていては、収入は上がらないんです。

職場は自分を祝福して、皆を豊かにしてくれる場所だと考えて、「感謝」をしなければならないんです。
あまり気の合わない「上司にも感謝」し、あまりワクワクしない「仕事内容にも感謝」し、「現状のお給料にも感謝」することが大切です。

ビジネスの交渉の場面でも、“騙し騙されの冷酷な場所”だと考えてはいけません。
このような考え方をいつもしていると、どんどん「嫌な気分」になるだけです。

 

そうではなく、「世の中は豊かさに溢れている」という考え方をするのが大切です。
こう考えることで、「富を分かち合おう」と振る舞うようになります。
簡単に言うと「win-win」を考えれるようになるんです。常に「win-win」を考えることが、富を引き寄せるコツです。

お金を稼ぎたいなら、「相手のメリットや、みんなのメリットを考える習慣」を持つのが、一番の近道です。
こうなるためには、「敵」などおらず、「皆で一緒に豊かになるのが一番だね」という考え方が、根っこになければなりません。

 

そして、最も「お金に対してネガティブなイメージ」を持ちやすいのが、「お金を支払う時」です。
高級レストランで1人2万円請求されても、「うー…高いなぁー」と思ってはいけません。「感謝しつつ、お金を払う」スタンスが大切です。

「大好きなお金に愛を込める」のも、忘れてはなりません。
2万円を渡す時に「お金ちゃんありがとう。生産者や関係者の皆様ありがとう。貴重な体験ができました。感謝します。」

このように、「幸せを感じながらお金を払う」んです。
もちろんこれは、「積極的にぼったくられよう」という意味ではありません。

「どうせ支払う事が確定しているなら」、ネガティブな気分になるよりも、「いい気分で払った方が、自分にとってプラスだよね」というニュアンスです。

 

また、この「お金を支払う時に感謝する」というのは、理詰めで考えても納得できる内容です。

例えば、スーパーで100円で買える“フィリピン産のバナナ”があります。
自分で一からバナナを生産しようとすると、まず、バナナの種を植えてから3年後ぐらいに木が成長して、やっと実が出来ます。それを収穫したら、今度はフィリピンから日本への輸送です。

本来は、自分でイカダなどを一から作った後に、海を渡って来なければなりませんが、誰かが貨物船という便利なものを作ってくれています。
日本にバナナが到着した後も、誰かが、トラック輸送で近くのスーパーまで運んでくれます。

これら全部を自分でやろうとすると、「莫大なコスト」と「莫大な労力」を必要とします。
それが、「世界中の人のお陰で」、「たったの100円」という価格で食べられるんです。

 

この、「物流」や「世界中の人の労働」「過去の偉人の発明」など、全てを意識すると、「お金を支払うときに感謝せずにはいられません」。
このような、価値交換システムをつくった、先人の「貨幣」という発明にも感謝ができます。

僕達は、ほとんどの場合で、「実際に払う金額よりも多くの価値」をもらっています。
ただ、普段は、世の中が「便利なことに慣れ過ぎて気付かない」だけです。
広い視野を持って世界を眺めさえすれば、「お金が出ていく時にも感謝が出来る」ようになります。

 

そして、「お金を払う時にも感謝する習慣」を持てば、不思議と、「お金が更に入ってくるようになる」んです。
お金が入ってくる時に「いい気分」になるのはもちろんですが、お金が出ていく時も「いい気分」でいることが、とても重要なんです。

ここまで出来て、「本当にお金を愛している状態」と言えます。一般的に言う「お金大好き人間」は、「本当の意味でお金を愛してはいません」。彼らは、お金に「執着」しているだけです。

「お金への執着」と、「お金への愛」とは、似て非なるものです。
この、「お金への本当の愛」によって、途切れることなく「永続的にお金を引き寄せる」ことが可能になります。

この状態は、「お金に関する事柄で、ポジティブな考えしか浮かんでこない状態」です。

ここで、お金に関する日々の“おまじない”を、いくつか紹介しておきます。
1日1回は唱えるようにしてください。

・「どんな職場でも、私は深く感謝され、きちんとした報酬を受けています。」
・「予想した所からも、予想していなかった所からも、お金が私の所に流れてきます。」
・「私は大好きな仕事をして、十分なお金を貰っています。」
・「私の人生は、いつもお金に恵まれています。」
・「愛を込めてお金を払っています。私を通して、沢山のお金が循環していきます。」
・「お金に対する抵抗を全て捨てて、私の人生にお金が楽しく流れ込むようにしていま す。」

そして、お金を沢山稼ぐためにも、人生を楽しく生きるためにも、人間には「創造力」を発揮することが、極めて重要になってきます。
そこで次のポイント。

 

毎日創造力を発揮する

「創造力」は、芸術家やクリエイターだけに必要なものだと思っている人が多いです。
しかし本当は、「充実した人生」を送るために、全ての人に不可欠なのが「創造力」になります。「想像力」とは、芸術のためだけに使うものではなく、全ての人が「人生に対して使うもの」なんです。

僕達は、毎日を「創造的」に生きなければなりません。
本当は、全ての人間の内面に、創造力のエネルギーは満ち溢れているんです。あとは、これを自由に放出するだけです。

マインドブロックを解除して、自由に「自分自身を表現」しだすと、自分の優れた「能力に気付いて」、嬉しい驚きを感じることになります。

 

「創造力」とは、“宇宙の根源的な力”なので、持っていない人や、持っていない物など、この世に存在しません。

つい生きていると、「創造力がある人と、ない人」がいるように思ってしまいますが、本当はそんなことは無いんです。実際は、「誰もが優れた創造力を持っている」んです。

ただ、その創造力を発揮するのを、“自分自身で止めている”だけです。

厳密に言えば、僕達は、「毎日自分の人生を創造」しています。
感情の表し方、現在の仕事、銀行預金、友人との関係なども、全て自分自身で創造しています。

ただし、「全力で創造している」のではなく、「何となく創造しているだけ」です。全ての人が持つ「豊かな創造力」を、完全には出し切っていません。

本当は、一人一人が「オリジナルの才能」や「オリジナルの能力」を持って、生まれてきているんです。

 

その「オリジナルの才能」で、世の中に「価値」を提供するようになると、何を行うにしても“満足感”を覚え、“充実感”で満たされるようになります。
これが、あらゆる人の「人生の目的」で、僕達が「生まれてきた意味」になります。

そして、大金を稼ぐのも、「オリジナルの才能」を活かすのが、一番手っ取り早いです。

 

この流れに乗るには、自分の「心の声に耳を傾ける」ことです。
言い換えると、「感情に従う」ことです。「感情に従う」ことでしか、「自分独自の才能」や「自分のオリジナルの能力」は見つけられません。

「感情」にさえ従っていれば、人は常に「素晴らしい方向」に導いてもらえます。
「魂が教えてくれることに、間違いは決して無い」んです。

 

心の中に「何かを表現したい」「何かを創りたい」という強い気持ちがあるなら、それは「神からのメッセージ」です。
この「強い願望の先」にこそ、その人の「天職」があります。

「誰にも置き換えられない、唯一無二の存在」になるためには、これしか方法はありません。この流れに乗れば、「道を間違うことはなく」、「未来の成功」は約束されます。

 

だから、何よりも「自分の心の声を信じる」ことが大切です。
自分の心は「常に宇宙と繋がっており、神と共にあること」を、一時も忘れてはなりません。
「宇宙は全ての人を愛しており、全ての人に成功してもらいたがっている」んです。

 

そして、真実としては、毎日の一瞬一瞬に、僕達は“自分自身を独創的に表現している”ということです。
「他の人にはできない自分なりの手段」で、本来の自分に向かって成長をしています。

これを本当に理解すると、「自分には創造力は無い」などといった“間違った信念”は消え去り、「心に思い浮かんだあらゆる計画」を「行動」に移せるようになっていきます。自分の「頭の中のイメージを現実にする能力」が、高まっていくんです。

これはつまり、全ての人に与えられた、神と同じ「創造の力」を、正しく使い出すということです。

最後に、「創造力」を高める“日々のおまじない”を、いくつか紹介していきます。

1日1回は唱えるようにしてください。

 

・「自分の創造力を発揮するのに障害となっていることは、全て捨てます」
・「○○したい、と心の中に浮かんだ内容は、私は簡単に創造することができます」
・「私は毎日新しいことに挑戦します」
・「自分の独創的計画を実行することにより、人生はとても楽しいものになります」
・「創造力豊かに自分自身を表現するのは、とても気分が良いことです」
・「私は喜びに溢れ、創造力に満ちた人生を実現しています」

 

まとめ

 

【一瞬一瞬自己暗示が働く】
・「いい言葉」が「いい人生」を作り出す。
・毎日の節目節目に、「私はできる!私は変われる!未来は素晴らしいものになる!」と、自分自身に語りかける。
・「言葉を意識的に選択する」習慣がつけば、「世界の見え方」も変化してくるし、実際に起こる「出来事」も変化してくる。
・人との会話の内容・一人で考えている内容、これら全てが「アファメーション」になっている。
・多くの人は、年に1回神社で「ポジティブなおまじない」をし、残りの364日は「ネガティブなおまじない」をしている。
・「ネガティブな信念」は、日々の「アファメーション」で、強制的に書き換えることができる。
・「毎日を“いい気分”で過ごそう」と、ただ「意識すればいい」
・「気分が良くなること」を思い浮かべる「回数」を増やす。
・自分の“未来”を想像してみて、「ワクワクするかどうか」が大事。
・「未来に対する良いイメージ」から、「人のパワー」は生まれる。

【お金に対する肯定的なイメージ】
・お金を引き寄せたいなら、お金にまつわる事柄全般に対して、「良いイメージ」を持つ。
・「お金が全く無い」「年収が少ない」「金儲けは悪いことだ」など、これらはお金を遠ざける“おまじない”。
・「上司に感謝」して、「仕事内容に感謝」し、「建物に感謝」し、「現状のお給料に感謝」する。
・「世の中は豊かさに溢れている」という大前提の元で、常に「win-win」を考える。
・「高いなぁ」と思わず、「感謝しながらお金を払う」
・どうせ支払うことが確定しているなら、「いい気分で払う方が得」
・「物流」や、「世界中の人の労働」、「過去の発明」など、全てを意識すると、「お金を払う時に、感謝せずにはいられない」
・お金を“払う時にも感謝する習慣”を持てば、不思議と、お金が更に入ってくるようになる。
・「お金への執着」と「お金への愛」とは、似て非なるもの。
・「お金への本当の愛」とは、お金に関係する物事全てに「喜び」を感じること。

【毎日創造力を発揮する】
・「創造力」とは、芸術のためだけに使うものではなく、全ての人が「人生に対して使うもの」
・「充実した人生」を送るためには、「創造力」が不可欠。
・マインドブロックを解除して、自由に「自分自身を表現」し出すと、自分の優れた「能力を発見」できる。
・「創造力」は「宇宙の根源的な力」なので、持っていない人や、持っていない物など、この世に存在しない。
・本当は、一人一人が「オリジナルの才能」や「オリジナルの能力」を持って、生まれてきている。
・「オリジナルの才能」で、世の中に「価値」を提供することが、「人生の目的」で「生まれてきた意味」
・「感情に従う」ことでしか、「自分独自の才能」は見つからない。
・「強い願望の先」にこそ、その人の「天職」がある。
・心は「常に宇宙と繋がっており、神と共にあること」を、一時も忘れてはならない。
・「心に思い浮かんだあらゆる計画」を、「行動」に移し、毎日を「創造的」に生きる。

 

最後に

アメリカのコメディアン、“ジャッキー・メーソン”は、次のように言います。

『“お金”は、世界で一番重要なことではない。“愛”こそ一番重要である。
ただし、幸運なことに、私はお金も“愛”している。」

 

お金は「忌み嫌うもの」では、決してありません。
あればあるほど、“人生の可能性”が広がります。
お金にまつわる事柄をイメージした時に、常に「いい気分」になることが大切です。

お金が入ってくる時に喜び、出て行く時にも喜ぶんです。
これが、「お金に対する本当の愛」です。

僕達の先祖が発明した「価値交換システム」は、感謝すべきもので、愛すべきものです。
「人も愛し、仕事も愛し、世界も愛し、お金も愛する」んです。
これが、「愛に満ちた生き方」です。

今回は『私はできる!』(ルイーズ・ヘイ/著)を読んで「お金を引き寄せる“おまじない”」を中心に説明をしました。
とても役に立つ本なので読んでみてください。

 

-引き寄せの法則, 書籍
-,

Copyright© 宇宙の法則で幸せを引き寄せる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.