スピリチュアルや宇宙の法則を学び満足できる人生を生きるためのサイトです

宇宙の法則で幸せを引き寄せる

潜在意識

無意識の行動をコントロールするには?

投稿日:

この記事では、無意識の心理的な意味と

無意識の行動をコントロールする方法について説明します。

 

自分の無意識の行動をコントロールする方法はないと思いますか?

実は、無意識をコントロールする方法は、知っていれば誰にでもできるのです。

 

無意識のコントロールができれば

今までうまくいかなかったことができるようになり

ストレスの少ない生活ができるようになります。

 

例えば、次のような経験をしたことはありませんか?

・うまくいかないことも多い。
・自分の人生に居心地の悪さを感じます。
・よくストレスを感じます。

潜在意識をうまくコントロールできていないと

このような生き方は難しいと思います。

 

 

 

自分の人生に少しでも違和感を感じたら

ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

潜在意識をコントロールする方法を知っていれば

ストレスの少ない生活を送ることができるようになります。

 

まず、潜在意識がどのように

心理的に捉えられているかを理解した上で

潜在意識をコントロールする方法を紹介します。

 

 

無意識の心理的な意味と、その例とは?

無意識は古くから哲学や精神医学で扱われてきましたが

「無意識」に最も近い考え方は、スイスのユングが広めたものです。

 

ユングは、人間の心は「無意識」という

自分ではコントロールできない領域に

大きく影響されると考え

心を「意識」と「無意識」に分けていました。

 

意識とは、自分で考えたり判断したりといった

自分でコントロールしたり感じたりできる部分のことです。

 

無意識とはその反対で、自分ではコントロールできない心の部分であり

自分では気づかないうちにやっていることである。

 

例えば、何かを食べるとき。

お箸を持っていると、意識せずに食べてしまうんですよね。

 

私たちが歩いたり自転車に乗ったりするとき

右足と左足を交互に動かすことなど考えもしません。

 

 

 

"無意識 "を理解する最も簡単な方法は、夢を見ることです。

 

夢は無意識に最も近いものと言われており

自分でコントロールすることはできませんが

日中起きている時の最近の記憶や

生まれてから現在までの記憶が反映されています。

 

ユングは、意識と無意識がお互いにバランスをとっていると考えました。

 

例えば、周囲からは無口だと思われている人が

夢の中では立派な歌手になっていて

ステージで歌って拍手喝采を浴びていたりします。

 

この場合、周囲や本人からは「陰で人を支える人」

と思われていますが、本当は「脚光を浴びたい」

「注目されたい」と思っている可能性があります。

 

また、上司に怒られて落ち込んでいる人は

夢の中で上司の頬を叩くなどして

攻撃的になっている夢を見ることがあります。

 

この場合、日常生活で感じているストレスを

夢の中で発散していると考えられます。

 

このようにして、意識と無意識の間の精神的なバランスを保つのです。

 

ユングはさらに、無意識を「個人的無意識」と「集合的無意識」に分けました。

 

個人的無意識とは、個人が生まれてから

経験してきたさまざまな記憶を指し

集合的無意識とは、すべての人に共通し

世代を超えて受け継がれてきた記憶を指します。

 

集合的無意識は「アカシックレコード」とも呼ばれています。

 

 

 

意識、前意識、無意識という心の3つの構造と、それぞれの役割とは何か?

ユングは心を意識と無意識に分け、さらに無意識を個人的無意識と集合的無意識に分けました。

フロイトは心を意識、前意識無意識に分けました。

 

彼は、心の3つの領域が心的エネルギー(リビドー)を交換することで

その人の性格を決定し、神経症的な症状を引き起こすと考えました。

 

フロイトの時代は、性や男女の関係について

今以上に封建的で、それを公然と語ることは

悪いことだとされていました。

 

そのため、性的なことを話したり

考えたりすることはタブーとされていました。

 

しかし、人間は自分の遺伝子を残すために

生物学的に性を必要とするというジレンマがあります。

 

フロイトは、人間には性的欲求やエネルギー(リビドー)があるが、それを意識することは許されないので、心の奥に隠そうとしているとした。

 

これは「抑圧」という概念である。

 

例えば、創作活動や芸術活動など

私たちの行動や思考の多くは

性的エネルギー、つまりは生命本能に基づいています。

 

ですから、リビドーが抑制されなければ

素晴らしく創造的な人生を送ることができるのです。

 

しかし、何らかの原因でリビドーが抑制されたり

歪んだりすると、特定の状況にうまく適応できず

神経症的な症状を引き起こします。

 

例えば、許せないことに遭遇して嫌な思いをすると、手が汚れていると感じて強迫観念的に洗ったり、ヒステリック(怒り)になったり、何度確認しても不安になって鍵をかけたかどうかを確認したりしてしまいます。

 

この時点では、「したくない」「してはいけない」

「不安だ」といった思考は「意識」の領域にあります。

意識は、「自分の経験」を感じ取ることができる領域です。

 

これに対して「無意識」とは、心の本能的な部分であり、生物学的には細胞レベルで持っているが、意識していない心の領域である。

 

無意識は自分では意識していませんが、私たちの行動や思考にさまざまな影響を与えています。

 

前意識とは、普段は意識していないが

思い出そうと思えば思い出せる記憶のことです。

 

前意識は、無意識の領域に抑圧して蓋をした状態です。

それは現状維持をしたいと思うからです。

 

意識・無意識・前意識についてもっと詳しく知りたい方は

ネットで調べてみて下さい。

 

 

 

無意識の行動をコントロールして、人生を好転させる方法

無意識の行動をコントロールすれば

自分の人生を思い通りにスムーズに進めることができ

人生を好転させることができます。

そのための具体的な方法を2つ紹介します。

・無意識のストレスを軽減する方法
・無意識の抑圧を解消するための方法

私たちは知らず知らずのうちにストレスを溜め込み

人生を少しずつ困難にしています。

 

まず、ストレスを解消する方法がいくつかあります。

次に、人生でより多くの困難をもたらす原因となっている

より深い「抑圧された」信念を取り除く必要があります。

 

この2つがうまく機能すれば、人生を好転させ

自分の望む人生を送ることができます。

 

無意識のストレスを軽減する3つの方法

無意識のストレスを軽減する方法は3つあります。

 

日頃からストレスを溜めないように、快適な環境に身を置く。
ストレスへの対処法を身につける
他の人とは違うマインドセットを身につける。

その手順をひとつずつ説明していきましょう。

 

無意識のストレスを軽減する方法 1

日頃からストレスを避け

心地よい環境に身を置く。

ストレスを避け、快適な環境に身を置くということは

身体的にも快適に過ごすことを心がけることです。

 

例えば、都心に住んでいる場合、玄関を出ると

車の騒音や多くの見知らぬ人が行き交う

喧騒にさらされます。

 

慣れていても、騒音は耳障りだし

知らない人ばかりの環境では無意識に緊張してしまう。

 

目覚めたら、山の上や海辺にいたら?

澄んだ空気、鳥の声、海の音で目覚めることができたら

気持ちがいいと思いませんか?

 

あなたの体は、緊張から解放されてリラックスしているでしょう。

 

普段から気持ちの良い環境に身を置くということは

例えば、室内に植物を置いたり、好きな香りを嗅いだり

快適なラウンジウェアを着たりと

外から自分で気持ちの良い環境を作ることです。

 

賑やかな場所や騒がしい場所に住んでいても、帰宅して家に入ったときにリラックスできる環境を作りましょう。

 

いつでも身体的にリラックスできる状況に戻れるというだけで、ストレスレベルは大きく変わります。

 

無意識のストレスを軽減する方法 2

 

ストレスとの付き合い方を見つけよう
ストレスに対処するには、気分を変えるのが一番です。

 

私たちは毎日、多かれ少なかれストレスを感じています。
意識的にストレスを感じれば感じるほど、イライラしたり怒りっぽくなったりします。

 

例えば、嫌いな上司からの皮肉や、義母からの小言などは誰でも聞いたことがあるでしょう。

 

しかし、もしかしたら、自分が言われたことが頭から離れず、「あの人は私によくもあんなことを言ってくれた!」と思うかもしれません。 でも、「なんであの人はあんなことを言ったんだろう」と考え続けていると、ずっとストレスを感じてしまいます。

 

考え続けていると、ずっとストレスが溜まってしまいます。

 

何か気に入らないことがあれば、無理にでも他のことをして自分を満たす、何か楽しいことをする、など。嫌なことを自分の気分から追い出して、「もういいよ」と言えるようになりましょう。

次のような方法でも、気分を変えることができます。

 

無意識のストレスを軽減する方法 3

自分と他人を分けることを学ぶ。

他者と距離を置くとは、「あの人はこう思ったに違いない」などと、他者の意図を判断しないことです。

 

例えば、あなたが上司に怒っているとします。

私はダメ人間と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

上司がその日に限って機嫌が悪かったということもあるでしょう。

 

その場合、あなたが悪いのではなく、上司には上司の事情があり、たまたまあなたが被害を受けているだけなのです。

 

巻き込まれたのは災難だったが、自分に非はないし、間違ってもいない。

むしろ、人のせいにしてしまう上司に問題があるのではないでしょうか。

 

どうしても怒られたことを思い出す必要があるなら、そのことで落ち込まずに、もっとうまくやればいいだけのことです。

完璧な人間など存在しないし、誰にでも間違いはある。

 

それに、人が何を考えているのかは、聞いてみないとわからないものです。

そのため推測するのではなく、事実を見ることが大切です。

 

もちろん、そうすることで無駄なストレスを避けることができます。

 

無意識の抑圧を解消する4つの方法

無意識に抑圧された思い込みを解消するには、主に4つの方法があります。

・新しいコンセプトを学ぶ
・自己肯定感の向上
・引き寄せの法則の実践
・マインドフルネスの実践

やりたいことがあってもうまくいかないように感じるのは、潜在意識に押し込められた抑圧された記憶があるからです。

 

"前意識 "を刺激し、抑圧された記憶を手放すことで、やりたいことを簡単に実現することができます。

 

では、4つの方法をそれぞれ具体的に説明しましょう。

 

新しい概念を学ぶ

思い込みを解消するためには、新しい概念を学ぶ必要があります。

 

思い込みをなくすためには、新しい概念を知る必要がありますが、そのためには、これまで偽りだと思っていたことを真だと認識することが必要です。

 

例えば、「自分は何をやってもうまくいかない」と思っている人がいたとします。

 

しかし、それは彼が「いつもうまくいかないこと」ばかりに目を向け、「うまくいったこと」や「成功したこと」に目を向けていないからかもしれません。

 

自分の人生を生き、成功を数えた後、徐々に幸せを感じるようになり、「私は幸せを感じている」と言えるようになった人の例はたくさんあります。

 

しかし、一人で信念を更新することは容易ではありません。

 

これは、信念が子供の頃から記憶に刷り込まれていて、それを判断や行動の指針にしてきたからです。

 

あなたの脳と細胞は、あなたがそれらと一緒に暮らすことができたので、それらを変えようとすることに抵抗します。

しかし、これではいつまでたっても自分の望む未来は手に入りません。

 

新しい概念を学び、自分の信念を新たにするには、心の専門家と一緒に仕事をするのが一番の近道です。

 

メンタルの専門家が、信念を新たにするテクニックを身につけてくれるので、悩んでいる多くの人が生きやすくなります。

 

 

 

 

 

 

自己肯定感を高くする

自己肯定感を高めれば、自然と人生のステージが変わり、人生を好転させることができます。

 

今まで自分を受け入れられなかったためにできなかったことができるようになると、物事が良い方向に変化していき、良い方向に進むことができます。

状況が良い方向に変わると、自分の望む未来につながる出来事やストーリーが届き、人間関係も大きく変化します。

 

意識的に「お金をたくさん稼ぎたい」「好きなことをしたい」など、人生を前向きにハッピーに変えたいと思っていても、自尊心が低いと、無意識に「それは無理だ」と思ってしまいます。

 

その結果、成功するイメージが湧かなかったり、チャンスがあっても挑戦する勇気がなかったりするのです。

 

自己肯定感を高めると、たとえ無意識であっても、「なぜ今まで躊躇していたのだろう」「なぜできないと思っていたのだろう」と思うほど、「自分はできる」「やりたいことができる」と思えるようになるのです。

 

 

引き寄せの法則の実践

引き寄せの法則を実践することは、無意識の抑圧を取り除くのにとても有効な方法です。

 

引き寄せの法則とは、自分の望むものを引き寄せる(実現する)ための法則で、潜在意識と深い関係があります。

引き寄せの法則とは、脳や潜在意識を司る細胞を騙して自分の思い通りにする方法です。

 

"ダメ "とか "できない "と思って "心理的抵抗 "をしている無意識の脳を騙す方法はたくさんあります。

 

アファメーションとは、言葉で脳を騙す方法のひとつで、「自分はすでに出来ている」と何度も自分に言い聞かせることです。

 

また、できるだけリアルな成功のイメージを頭の中に描き、それを喜ぶことで、脳に実際に起こっているように感じさせるのです。

これを毎日、日課として行っていけば、人生は少しずつ自分の望む方向に向かっていくでしょう。

 

 

 

マインドフルネスの実践

マインドフルネスとは、思い込みや先入観を捨てて、ありのままの姿を見ることです。

 

マインドフルネスを実践することができれば、感情に流されることなく、冷静に物事を俯瞰することができるようになります。

潜在意識に押し込められた抑圧を手放し、人生を好転させることができるようになります。

 

マインドフルネスを実践すると、普段は意識していない心理的な抵抗を手放すことができ、心理的な抵抗やストレスに縛られることなく、自由に考え、行動することができるようになります。

 

そのため、グーグル社では、アメリカで包括的なマインドフルネスのコースを開始し、社内だけでなく世界中でトレーニングが行われ、受け入れられています。

 

まとめ

この記事では、無意識の行動をコントロールする方法を紹介しました。

 

潜在意識を使って自分の思い通りの人生を送ることは、誰にでも可能です。

この機会に自分の無意識と向き合ってみよう。

-潜在意識
-

Copyright© 宇宙の法則で幸せを引き寄せる , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.