スピリチュアルや宇宙の法則を学び満足できる人生を生きるためのサイトです

宇宙の法則で幸せを引き寄せる

考え方

幸せになる法則

投稿日:

日本人は幸福度が低い。

これは、国連や内閣府など

さまざまな公的機関が行った調査でも

明らかになっています。

 

なぜ、豊かなはずの日本人が

幸せを感じないのでしょうか。

答えは簡単です。

日本人は幸せになるための

「習慣」を持っていないのです。

ほんの少し考え方を変えるだけで

誰でも簡単に幸せになることができるのです。

 

1万円あったら誰かと一緒に使う


手元に1万円あったとします。

このお金を自分のためだけに使うのではなく

「誰か」と一緒に使うことを考えてみてください。

例えばこの1万円を一人で使って

好きな食事をするのではなく

誰かと一緒に食事をするだけで

幸福度がぐっと上がります。

なぜなら、どんな活動も一人でやるより

他人と共有した方が「意味」を見出しやすいからです。

人は、他者がいなければ幸せになれない。

もし、あなたが幸せでないなら

ぜひ自分以外の「誰か」を意識して

日常生活を送ってみてください。

誰かと一緒に行動する必要がない場合でも

料理の写真を撮って見せるなど

意識することが大切です。

 

一番大切なことを意識する


幸せな人生を感じている方は

一番大事なものを一番大事にしています。

具体的には、1日や1週間を区切って

何を一番大切にしたいかという

「目的」「テーマ」を持っています。

 

例えば、「今日は家族と遊園地で楽しい時間を過ごす」

「今週はこの仕事を頑張る」などです。

たとえ達成できなくても

テーマに沿って行動すれば幸せになれるのです。

一番大切なものを大切にするのは当然と思うかもしれません。

しかし、多くの人は2番目、3番目の大切なものを重視し

1番目のものをおろそかにしています。

目的やテーマがないため

何が一番大切なのかに気づかないのです。

 

 

成長・貢献を意識する


「マズローの欲求五段階説」簡単に言うと

人間の欲求は5段階のピラミッド状に並んでいて

一番下の欲求が満たされると

次の段階の欲求に手を伸ばすというものです。

マズローによれば、下から順に

「生理的欲求」

「安全の欲求」

「社会的欲求」

「承認欲求」

「自己実現の欲求」

 

となります。

これらの欲求は下から順に満たされるべきだと

考えられていますが

実は欲求のピラミッドの「上」から

満たす方がはるかに効率的なのです。

つまり、「自己実現の欲求」という観点で考えるのです。

 

本当にやりたい事に集中


日本では、物質的に豊かなために

幸福度が低くなりがちです。

選択肢や機会が多すぎて

いつも何かが足りないような

気がしてしまうのです。

この状態から抜け出すには

やりたい事に集中するしかありません。

膨大な数のやらなければならないことの中から

本当にやりたいことだけを残し

それ以外はすべて捨てる。

 

自分がやりたいと思うことを紙に書き出し

上位3つだけを残し、残りは捨てる。

やりたいことが明確であれば、情報収集もしやすく

チャンスをつかみやすくなります。

また、脳は「やりたいこと」を強くイメージすると

自然とそのイメージ通りに行動するようになると言えます。

なりたい自分が明確になれば、あとは脳に任せておけばいいのです。

 

 

夢を書き出す


幸せのイメージを強く持つためには

実現したい結果をノートや紙に書き出す、

いわゆる「夢ノート」「宝地図」を作るのがおすすめです。

ただし、夢や目標をただ書き出すだけではダメです。

これらは、書くことよりも見ることの方がはるかに重要です。

大切なのは、それらを脳に「認識」させることです。

 

毎日、朝晩の数分でもいいので

目につくところに貼ったり、壁に貼ったりして

見る習慣をつけましょう。

その際、自分自身に一連の質問を投げかけてみてください。

例えば、ダンサーになりたいなら

どうしたらダンサーになれるのか?

と自分に問いかけてみてください。

質問はイメージを強くするチャンスなのです。

 

ハッピーエンドな映画を見る


人は、好きな人の仕草や行動を無意識に

真似る習性があります。

これを"ミラーリング といいます。

こんな風になりたいという理想がある人は

それをうまく利用しましょう。

理想のハッピーエンドを描いた映画

特に三幕構成(始まり、問題、解決、ハッピーエンド)

という王道のストーリーです。

見ている人の気持ちを高揚させ

困難に立ち向かう勇気を与えてくれるはずです。

 

 

携帯電話の待受画面を夢にする


どんなに嫌なこと、面倒なことでも

3週間もすれば脳が「慣れ」てきて

苦痛を感じなくなります。3

週間続けることが難しい場合は

すでに確立されている生活習慣の中に

その面倒な習慣を取り入れてください。

例えば、「夢ノート」を見直すのが億劫な人は

携帯電話の待ち受け画面をメモ帳代わりにして

そこに目標を書き込んでみましょう。

目標を確認する回数で

夢が叶うかどうかが決まります。

幸せになりたいのに実現しない人は

毎日目標を確認しないから実現しないだけなのです。

 

 

夢から逆算

夢から逆算
「得たい感情」から逆算する方法もあります。

人が行動を起こすのは、ワクワクやドキドキなど

何らかの感情を得るためです。

どんな状況でも最終的な目的は

「得たい感情」を得ることであり

お金などはそのためのツールに過ぎません。

極端な言い方をすれば

「いい気持ち」さえ得られれば

その人はもう幸せなのです。

だから、自分が何をしたいのかわからないときは

「得たい感情」から逆算して考えるようにしましょう。

安心を得たいのであれば、安心につながることだけを行い

安心の妨げになるような行動は選ばないことです。

 

-考え方
-

Copyright© 宇宙の法則で幸せを引き寄せる , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.