考え方

人間としての器を大きくする方法

幸せを引き寄せる

ここでいう「器」とは、相手の立場に立つことで

人の心理を理解し、相手を受け止めるということです。

つまりはその人の心の広さ、深さを表します。

では、自分の器(心)を大きくするには

どうしたらよいのでしょうか。

 

ここでは、器を大きくする方法を紹介します。

まずは自分が取り組めそうなものから始めてみてください。

 

 

本を読む時間を増やす

本を読むことは、想像力を働かせたり

感情を揺さぶったりと、他人の人生を

「疑似体験」するのにとてもいい方法です。

さまざまな価値観に触れ、感性を磨き

心を震わせる可能性に満ちています。

 

本を読むことで得られる「体験」や「思考」は

非常に貴重なものです。

自分の人生だけでは体験できることは限られています。

毎日1冊ずつ読んでいたとしても

世の中にはたくさんの本があり

そのすべてを読み切ることはできません。

そう考えると、本との出会いもまた「縁」なのでしょう。

ぜひ、日頃から本を読む習慣をつけて

人生の質を高めてください。

 

 

 

経験を積むこと

器が大きくなるということは

より多くのトラブルを冷静に受け止め

対処できるようになるということです。

そうなりたいのであれば

経験を増やすあらゆる機会を

逃さないようにしましょう。

 

興味のあること、流行のもの

人から与えられた機会には

どんどん手を出すべきです。

あまり手を出しすぎるのも考えものですが

挫折を恐れずチャレンジを受け入れ

そこから得られる無数の経験が

あなたの人生をより充実したものにすることは間違いでしょう。

 

逆境を乗り越えれば、より強くなることができます。

あまり深刻に考えず

楽しいと思えるチャンスを最大限に利用すれば

1つの経験から多くのものを得ることができます。

 

 

尊敬できる人と付き合う

あなたの身近には、器が大きな人が既にいますか?

そうであってもなくても、ぜひ

「器が大きな人にもっと出会えたらいいな!」

と思い続けてください。

そんな思いがたくさんの偶然の出会いを

生んでくれるはずです。

また、そういう器の大きな人に出会ったら

じっくりとお話ができるように

積極的にコンタクトをとってみてください。

 

器の大きな人は、可能性を秘めた人や

前進したい!自分の能力を高めたい!

という情熱を持つ人にはとても親切で

いろいろなことを教えてくれるでしょう。

成功の秘訣を聞いてみたいというお願いをすれば

きっと貴重な体験談が聞けるはずです。

ぜひ、尊敬できる人と接し

精一杯真似をする努力をしてみてください。

そうすれば、必ずや自分の能力も向上するはずです。

 

 

 

多くの人の人生に関わる

できるだけ多くの人と

本音で語り合える」関係を築いてください。

人生は、さまざまな体験に富んでいます。

その中で、誰もが自分を助けてくれる人

ヒントをくれる人、支えてくれる人

励ましてくれる人を探しています。

 

誰かの役に立ちたい、励ましたい

そういう人であろうと意識していれば

自然と人は集まってきます。

その時、あなたの器は今よりずっと

大きくなっているに違いありません。

 

積極的に相手と会話をすること。

何事も決めつけないで

相手の人生に敬意を払い事実を聞くこと。

そのうえで、共感を示すこと。

アドバイスを求められたら

控えめに自分の意見を言うこと。

常に「相手への思いやり」「応援する気持ち」

「情熱」を持ってこそ、あなたの器が広がります。

 

 

「あなたが苦手な人」に共感する

あなたが苦手な人はもちろん

自分と価値観の違う人も許容し

受け入れることができれば

あなたの器は大きく広がったことになります。

 

自分が最も苦手とする人が

なぜそのような行動をしなければならないのかを

思い描いてみましょう。

思いつく限りの理由を文章にしてみましょう。

相手を表面で判断していたことに気づくかもしれません。

相手の立場になって考え、共感することができれば

それはあなたが人として成長した証拠です。

 

 

 

執着をしない

自分の人生を真剣に生きるほど

経験に基づく価値観や考え方が蓄積され

その結果自分という人間に

自信と誇りを持てるようになります。

しかし逆に、その自分の価値観に愛着を持ち始めると

途端に視野が狭くなり

他人とうまくやっていくことができなくなります。

 

自分の価値観を確立し、自立し

良い人生を歩むことは素晴らしいことですが

あまり相手と自分との間に距離を

置きすぎないようにしてください。

自分自身への執着心が湧かないように

常に客観性を保つことが必要です。

 

そうすれば、相手を受け入れる、もっと言えば

相手の本質を見抜き、それを生かすための

アイデアを思いつく可能性が高くなります。

 

 

一人の時間を持つ

自分の器を広げるための努力を続けていると

どうしてもリラックスする時間が少なくなりがちです。

自分の人徳が高ければ高いほど

寄ってくる人の数も多くなり

責任感が強ければ強い人ほど

疲弊していくことになります。

 

さまざまな人の人生に接する中で

時には戸惑い、混乱することもあるかもしれません。

そうならないためにも、「ひとりの時間」を確保してください。

常に自分を見つめ直し、自分の立ち位置を確認すること。

そこでリフレッシュすれば

緊張とリラックスのバランスが取れます。

リラックスすることで、より人の役に立ったり

相手に寛大になったりすることができます。

その結果、あなたの器も一段と大きくなることでしょう。

 

 

 

品格を高める

「他人には厳しいが、自分には甘い」と言う人がいます。

しかし、器の大きな人は逆ではないでしょうか。

「自分を律する姿勢を持ちながら、人には優しい」

ことを目指しましょう。

人は怠惰になりがちな生き物です。

自分に甘く、やろうと思ったことがなかなか達成できない人は

自分にもっと厳しくなることを意識してみてはいかがでしょうか。

そのためには、次のようなことを取り入れてみてください。

 

・期限と目的を明確にする
・自分の考えを人に押し付けない
・常に謙虚でいること
・トラブルにあっている人を助けること

 

自分にも他人にも厳しいようでは

人はあなたを避けるようになります。

あくまで謙虚に、自分には徹底的に厳しく

人に親切に接するようにしましょう。

 

 

まとめ

器を大きくすることは、より多くの人の人生に触れ

ひいては自分自身の人生をより有意義で

充実したものにすることに繋がります。

一日一日を大切に

前述した内容を一つずつ実践してみてください。

そうすれば、大きな進歩があなたを待っています。

 

あなたの器が広がり、人生がより豊かに

より楽しくなることを祈っています。