潜在意識

潜在意識をコントロールする方法

幸せを引き寄せる

私たちの顕在意識は重要な役割を担っていますが

潜在意識はそれ以上の力を持っています。

 

顕在意識は一度に一つの選択や行動を処理します。

潜在意識は私たちの無意識の中で

同時に複数の選択や行動を処理します。

無意識に設定された目標、選択、行動は

いったん活性化すると、成就するまで継続します。

 

潜在意識を事前に準備することは

不可能だという研究もありますが

訓練を通じて潜在意識にアクセスし

コントロールすることは可能です。

ここでは、その方法をいくつかご紹介します。

 

 

 

 

 

ポジティブな思考を取り入れる

ポジティブ

ポジティブな独り言を習慣化する

ネガティブな独り言をポジティブな独り言に変える。

発する言葉を変えることで

考え方が変わり

無意識のうちにネガティブな行動や

思考を上書きすることができます。

「できない!」ではなく、「できる!」。

「難しい」ではなく、「成功する!」と言いましょう。

ネガティブな独り言に陥っている自分に気づいたら

立ち止まって深呼吸をしましょう。

 

なぜ、自分は成功できないと自分に言い聞かせているのか

その理由を考えてみてください。

そして、自分をネガティブにさせている

要因を洗い出してください。

 

その要因が自分をネガティブにしていることに気づいたら

もう一度、自分を肯定することに集中する。

言う言葉を変えるのは一朝一夕にはできません。

時間と忍耐が必要です。

 

無意識のうちに自分に対して

後ろ向きな期待をしてしまったり

ネガティブな行動をとってしまったりしないよう

前向きに取り組みながらトライしてみてください。

 

ポジティブな思考に 不安やストレスが生じたときは

神経を落ち着かせ、ネガティブな考えを鎮めます。

ポジティブな思考で潜在意識から湧き上がる

ネガティブな思考や行動を抑制することができます。

 

ネガティブな思考を特定したら

自分がしている自己批判が

事実に基づいていないことを認めます。

あなたの自己批判の主張の反対の特性を識別することにより

癒しの言葉を作成します。

自分が全く不十分だと感じている場合は

「私は十分だ」「私は価値がある」などの言葉を作る。

 

目標を達成した自分をイメージしたり

心の中で想像することは

潜在意識とつながり、潜在意識を鍛えるのに効果的です。

まずは、目標を達成した自分をイメージから始めてみましょう。

一枚の絵や身近なものを取り上げ

頭の中で細かく描いてみましょう。

 

それができるようになったら

映画や思い出のシーンを

まるごと描くトレーニングをしましょう。

 

音、匂い、色、手触り、そして味にさえも注意を払う事です。

注意を集中し、細部まで正確に描けるようになったら

目標を達成した自分をイメージする練習を始めましょう。

できるだけリアルに自分を描くことが大切です。

ネガティブなことを考えたり、失敗する自分を想像するのではなく

目標を達成して成功する自分をイメージしてください。

 

例えば、スピーチをする自分をイメージするなら、

聴衆が拍手喝采で立ち上がる姿をイメージしてください。

具体的な目標を思い浮かべる。

達成したいことを明確にする。

成功するための場所、時間、状況を特定し

それらをできるだけ詳細に思い描く。

超人的な自分を思い描く必要はありません。

ありのままの自分を思い描くだけでいいのです。

 

 

瞑想を実践する


瞑想は、集中し、潜在意識の力を活用するのに役立ちます。

始める前に、瞑想する時間を決めましょう。

初心者は5分程度の瞑想から始めるとよいでしょう。

動きやすい服装に着替え、タイマーを用意し

静かで落ち着ける場所に移動します。

 

散らかっていたり

気が散ったりしない場所を選びましょう。

自宅の書斎や裏庭の端に座ってみましょう。

座りやすい姿勢になる前に

ストレッチをするとよいでしょう。

つま先を伸ばし、首と肩の力を抜いて

体をリラックスさせましょう。

姿勢を整える 安定した座面の椅子に座り

背筋を伸ばして、足を床にしっかりつけるか

床に置いた枕の上で交差させます。

背筋を伸ばし、背骨の自然な姿勢を維持します。

 

上腕は体の側面と平行にし

肘を少し曲げて手が自然に膝につくようにします。

あごを少し引き、床を見つめます。

瞑想を始める前に

姿勢を整え、自分の体を意識します。

 

目を閉じて、呼吸を意識し始めます。

息を吸ったり吐いたりすることに意識を向けてください。

リラックスすると、あなたの思考がさまよい始めます。

思考はあなたの潜在意識からあなたの明示的な意識に流れます。

これらの思考に気づいた場合は

それらを判断せず、ただ通過させます。

思考が迷い始めていることに気づいたら

呼吸に注意を戻します。

 

しばらくすると、また思考がさまよい始めるかもしれませんが

そのたびに、呼吸に注意を戻し続けます。

このプロセスを、瞑想を終了する時間まで繰り返します。

 

参考「始めよう。瞑想」書籍はこちらの記事で紹介しています

「始めよう。瞑想」書籍紹介

 

 

 

意識の流れを書き留める


ペンとメモ帳を用意する。

タイマーやストップウォッチ、携帯電話のタイマーを用意し

5から10分にセットする。

静かで邪魔にならない場所に移動する。

携帯電話はマナーモードに設定し

パソコンやタブレットは気が散るので控える。

 

書き始める 楽な姿勢で座り、深呼吸をして

自分の内側に意識を集中させます。

タイマーをスタートさせ書き始めます。

 

書くプロセスでは、何も計画しないことが重要です。

むしろ、考えが次々と自然に流れていくようにするのです。

頭に浮かんだことを、紙に書き留める。

つまらない考えを書き留めることを怠ったり

奇妙だからと無視したりしないこと。

これらの思考は潜在意識から生じている可能性があります。

良いとか悪いとか判断したり分析したりせず

ただ書き留めるだけです。タイマーが切れるまで

自分の考えを記録し続けます。

 

書いたものを分析する 考えを書き終えたら

それを読み返してみましょう。

書いた言葉をよく考えてみてください。

繰り返される考えや奇妙なフレーズを探します。

 

全く異なる2つの考えが出た場合は

間につながりがないか探してみてください。

その中に潜在的な考えが隠れていないかどうか確認します。

この練習を繰り返すたびに

前回書いたものを読み返してみてください。

こうすることで、意識の流れをがどのように進んでいるかを把握し

潜在意識が明瞭になりつつあるかどうかを

検証することができるのです。

 

そして頭に浮かんだ事を行動に移す

ポジティブな思考や瞑想

意識の流れを書き留めるただけでは

現実は変わりません。

頭に浮かんだ事を行動に移すのです。

頭に浮かんだことや閃きは

潜在意識からのメッセージなのです。

 

その潜在意識のメッセージを実践すると

流れが変わり良い方向に向かいます。

是非実践してみて下さい。

 

まとめ

潜在意識をコントロールは時間がかかります。

繰り返し行う事で、少しづつ変化するでしょう。

根気よく継続しましょう。