書籍 考え方

「こころの処方箋」書籍紹介

幸せを引き寄せる

今回は、「こころの処方箋 河合隼雄 著」の紹介をしていきます。

あなたがもう人生最悪だ!と思った時に癒してくれる本です。

 

ふたつよいことさてないものよ

それでは一つ目のポイント

ふたつよいことさてないものよ を説明していきます。

ふたつよいことさてないものよというのは

これは、すべてのことには良い面と悪い面があるという意味です。

良いことが起こったときには

必ず悪いことも同時に起こります。

これを理解し、それを受け入れることが

できるようにすることが重要です。

 

成功した際には、周りに嫉妬の目が向けられます。

富を手に入れると

それを欲しがる人たちが近づき

信頼できる友人との

距離が離れてしまいます。

 

 

望んでいた恋人と結ばれたが

最終的には別れてしまうことに落胆する。

世の中は完璧にはいかないことが多く

都合良く進まないのです。

 

成功を収めることができても

それに伴う欠点もあることがあります。

我々が求めるものには

プラスとマイナスの両面があり

それらが競合しているのです。

 

また、ふたつよいことさてないものよ を理解すると

成功に伴う挫折や困難を予期することが出来て

心を準備することができます。

先を見据えて試練に立ち向かうことで

対処がしやすくなります。

 

 

悪いことも良いこともあると言うことを理解すれば

落ち込んだり不満を言うこともなくなります。

突然起きた不幸に対しても

一歩引いて視野を広げることで

それに見合う良いことがある可能性が

あることを理解することができます。

 

 

体調の悪化は通常

体が何かを伝えようとしている

信号だと考えられます。

それが休息を取ることを

求めていることもあります。

そして、自分自身に迷っていることが

原因であることもあります。

これらの信号を受け止め

適切な対処をすることが重要です。

 

 

そうかもしれないしそうじゃないかもしれない

そうかもしれないし

そうじゃないかもしれないの例を話していきます。

ある日農村に住んでいる賢者に

農夫が冷や汗をかきながら訪ねました。

「賢者さん、最悪です。

私の牛が力尽きて畑を耕せなくなりました。」

賢者は答えます。

そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

 

 

翌日、農夫の畑には、若くて力強い野生の馬が現れ

それを捕獲して牛の代わりにすることができました。

農夫は言った

「賢者さんの言う通りでした

牛が倒れたのは最悪じゃなかった

牛がいなくなったから新しい馬が手に入った」。

賢者は言います。

そうかもしれない、そうじゃないかもしれない。

 

 

数日後、農夫の息子が手に入れた馬に攻撃され

足を負傷し、畑仕事ができなくなりました。

農夫は、「なぜ馬を手に入れることが幸運ではなく

不運だとわかっていたのか?」と言いました。

今度こそ人生のドン底だ。

賢者は言います。

そうかもしれない、そうじゃないかもしれない。

 

 

数日後、突然国家の戦争が発生しました。

軍隊は村を訪れ、若者を全員戦場に

連れて行こうとしました。

しかし、農夫の息子だけは足を負傷していたため

兵役を免除されました。

他の若者たちは戦死しましたが

彼だけはケガのおかげで命を救われました。

 

この話から学ぶことは

何が起こるかを予測することはできないということです。

我々人間は、自分が知っている事と

思っていることが実際には

正しくないことがあることを忘れがちです。

 

例えば高度な経済成長を実現した理由として

戦争での敗戦が挙げられますが

それが良かったのか悪かったのかは

分からないことです。

 

 

我々は絶対に最悪のシナリオを想像する

傾向がありますが、それはほとんどの場合

誤った考え方です。

冷静に考え、多角的に物事を見ることで

絶望的だと思われた事が実際には

意外な結果をもたらすことが多いことが分かります。

 

 

 

 

 

私たちは簡単に自分たちが

正しいと判断しがちですが

それが真実ではないことが多いです。

私たちが振りかざす「正義」が

実際には悪であることが多いのです。

正義を振りかざして人を傷つけることは

実際には自分自身にも損害を

与えることになります。

世界は個人的なエゴで構成されているのです。

 

 

 

これは何を教えてくれようとしているのだろう?

 

 

もっと幅広い視点で物事を見ることが

重要であるということです。

一見すると悪い出来事だと思われるが

それがなかったら今の自分にはない

チャンスや経験が得られなかったかも

しれないと考えることで

その出来事が自分の成長に

つながっていることが分かるでしょう。

 

 

ブッダは、物事を良し悪しに

分類することをやめるようにと伝えています。

これは良いことであれば悪いことであれ

判断することをやめることが

重要だと言っています。

なぜなら、人々が抱えるすべての悩みは

判断することに由来すると考えられるためです。

 

 

計画がうまくいかなくても

自分自身を責める必要はない。

直面した現実を受け入れ

新たな視点から考えることが大切です。

モテないことを自己否定によって

自分を貶めることなく

新たな可能性を探求することが重要です。

 

 

 

 

自分自身の妄想によって生じる判断が

悲しみを生み出しています。

社会からの期待や情報に従って

「こうあるべき」と判断することは

単なる妄想に過ぎないのです。

自分が望んでいない状況に陥ったと感じることも

妄想の産物であるということです。

 

「ふたつよいことさてないものよ」と

「そうかもしれないしそうじゃないかもしれない」で

絶望的な状況は自分の人生では同じ繰り返しは

起きないと判断しましょう。

 

 

マジメも休み休み言え

続いてマジメも休み休み言えというのを説明していきます。

欧米人にとって、ジョークを話すことは場面によらず

楽しいことだと言われています。

彼らによると、日本人は時には非常に

真面目すぎると感じられるそうです。

 

欧米人はジョークを話すことが好きであり

日本人は比較的マイペースで

大事な場面でも冗談を言うことができないと

考えられています。

例えば、アメリカでは重要な証人冒頭でも

冗談を言うことができますが

日本ではそれが批判を引き起こすこともあります。

また、アメリカでは相手に対して

態度を変えることなく話をすることができますが

日本では相手によって話し方を変えることが必要です。

 

 

 

日本人はマイペースにやっているので

相手の言いたいことを聞き入れる姿勢がありません。

対して欧米人は自分が正論だと思っても

相手の言い分も受け入れる姿勢があります。

マイペースな人は狭い世界を持っているので

どんな状況でも自分の好きなように話すことができます。

欧米人は聞き手としての姿勢を持っているので

話を聞くことができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

欧米人は普段から多様な宗教や

人種が混在しており

異なる価値観に晒されているため

自分とは異なる価値観を持つ人々とも

公平に対話をすることができる。

一方で日本は島国であり

単一民族や宗教が支配的だから

日常から多様な価値観に接する機会が少なく

異なる個性や冗談を素直に

受け入れることが難しいのです。

 

SNS上で炎上することが多いのは日本に限られます。

これは、欧米人が様々な価値観に接しているため

自分が持っている価値観に対して

違う意見を受け入れる余裕があるからです。

一方で日本人は、自分が持っている

価値観に対して他人の意見を

受け入れることができないため

SNS上で炎上することが多いのです。

独創的でアクの強い人であっても

日本の環境では活躍することが難しいと言えます。

 

 

 

マジメな人は、自分が限られた世界の中で

絶対に正しいと考えてしまい

他の考えや視点を

受け入れることができないのです。

その結果、考えを改善することもなく

新しいことに対して軽蔑的になってしまいます。

 

 

限られた世界に留まり続けることは

新しい発見や変化を拒否することを意味します。

それは、異なる考えや個人を批判することによって

自分自身を守ろうとすることになります。

この狭い視野から脱却し

広い視野で物事を見ることが大切です。

マジメな人は広い視野を持たず

異なる意見を拒否しやすい傾向があります。

視野の狭い人という言葉が形容しているように

マジメな人は新しい体験や異なる考えに対して

受け入れることが困難です。

 

 

 

 

人間は時間を持って、自分自身を見つめ直し

新しい視点を持つことができます。

これは、視野が狭いと感じる場合に特に重要です。

休息時間は、新しいアイデアを

思いつくために必要な時間であり

日本人がユーモアに欠けると批判されるのは

休息を取る時間を持てないからだと言えます。

 

 

 

 

 

日本人は長い労働時間と短い自由時間から

色々な考えをする余裕がなく、視野が狭くなります。

そのような状況は全国的に作られていると言えます。

対照的に、東南アジアのスーパーマーケットや

レストランのスタッフは、客が少ない時間に

スマホを使ってネットを検索し

座って雑談をすることで

その日を有意義に過ごしています。

 

 

 

日本は、デパートの店員にとっても

適切な行動をしながら過ごすことができない

環境が作られています。

例えば、お客が来なくても

店員は真っすぐ立っているように見えます。

これは、固定観念によって

思考が凝り固まっている例です。

もしお客が来なくても、他のことをすれば楽だと思うなら

店員は常識的にマニュアルに沿って

行動することを求められています。

これは、日本全体を不幸の連鎖に

陥れている錆びついた思考です。

 

 

 

 

 

私なら、店員が暇な時にはプレイステーションを

していても問題ないと思います。

客が少ない時でも、仕事を楽しむことができると思います。

デパートの店員さんが

スマホをいじっているのも良いと思います。

一定の範囲内で自由に生きることが大切だと思います。

ストレスの多い生活や仕事をしている人は

少しでも自由に生きることを心がけることで

ストレスを軽減することができると思います。

 

 

 

日本は、非常に厳密な

「社会の規則」に従うことが

求められる国です。

これらの規則は、法律以外にも存在し

暗黙のルールとして

生活のすべての面に適用されます。

日本は、頑固な単一宗教の国であり

信じたもの以外を受け入れることは困難です。

これは、生物が自由になるために

設計されている本質に反し

ストレスが増加し

生産的な行動が減少することを示しています。

日本のGDPは、先進国の他の国と比較して低い順位にあり

これは経済的な停滞につながっている可能性があります。

 

 

 

日本において、自由度が低いため

多くの人が自分自身を解放できず

自分の意見を偏っている人を否定する傾向があります。

これが世界中で配信されるYouTubeで

日本人が多く低評価をつける理由であると言えます。

 

 

 

 

自由を求めることができない環境の中で

ストレスが溜まり、ネット上で攻撃行為に走るのは

それが原因だと言われています。

日本は自分らしさを抑える環境が多いため、

多くの人がストレスを抱えています。

自分らしく発言したり、行動したりすることが

普通ではないという空気があるためです。

テレビなどで少しでも失言すると

国民から叩かれ、スキャンダルになると

全国のニュースになり

謝罪を強いられることもあります。

 

 

 

 

日本の社会は過度に厳格で

自由な発言や行動を許さないことが多いため

創造性が抑圧され

国の繁栄にも悪影響を与えています。

多数決に基づく常識にとらわれ

希少な意見を拒否し続けることで

人々は自身の創造力を発揮する機会を失い

幸せを感じることが減ります。

 

 

 

自分らしく、自由に生きるためには

「かくあるべし」という旧来の考え方から離れ

柔軟に考えることが必要です。

マジメに生き続けると

周囲の状況が理解できなくなり

新しい要素を学ぶことができず

周りで楽しんでいる人を

妨害してしまうかもしれません。

 

 

 

 

異なる意見や少数派の意見を受け入れることで

創造性を引き出し、国全体の幸福度が上がります。

これにより、

「そうではないかもしれない」という考え方を持つことで、

それぞれが広い視野を持つことができ、

徐々に豊かな環境が整備されていくでしょう。

 

 

 

日本人は過剰にマジメに生きているため

視野が狭く、創造性が低下し

ストレスがたまりやすい状態に陥っています。

この状態を変えるためには

自分自身から少しずつマインドセットを変え

自由に生きることが大切です。

そうすることで、自分自身だけでなく

周りの人たちも救済され

全体の幸福度が上がっていくことでしょう。

 

 

まとめ

不確定な未来を予測することはできません。

しかし、現在の状況が厳しいと感じることもありますが

それは将来においてプラスに変わる

可能性があることを忘れないでください。

不幸な経験、失敗、悲しい別れなどは

すべて何か意味があることがあるかもしれません

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

とても面白い本なので是非読んでみて下さい。