書籍 考え方

「心の持ち方」書籍紹介

幸せを引き寄せる

今回は「心の持ち方 ジェリー・ミンチントン」の解説していきます。

著者のジェリー・ミンチントンはアメリカの自己啓発著述家。
多年にわたる企業経営の経験から「自尊心を高め、自らの価値を確信することが、人生における成功や幸福に直結する」ということに気づき、
自尊心に関する研究を開始し、著述および講演に活躍中。
著書は多くの言語に翻訳され、世界各国の読者から絶大な支持をえている。

amazonより引用

この本において、重要な4つのポイントがあります。

  1. 自分自身を尊重し、自分自身を大切にすることが人生の90%を決定する。

  2. 羨ましくなく、憧れを抱くことが大切である。

  3. 他者を中傷するような悪口を言わないことが大切である。

  4. 他者からの愛よりも、自己愛を大切にすることが幸せになることにつながる。

それではこの4つのポイントを順番に説明していきます。

 

 

自分自身を尊重し、自分自身を大切にすることが人生の90%を決定する

自尊心は、自己の価値を認め

自己に自信を持つことを意味します。

高い自尊心を持つ人は

傲慢や自己陶酔とは無縁で

自己中心的ではありません。

自己中心的な人と高い自尊心を持つ人は

正反対と言えるでしょう 。

 

高い自尊心を持っている人は

自分自身の価値を信じているため

他人からの賞賛を必要としません。

彼らは自分自身の価値に自信を持っており

誰に対しても敬意を払います。

一方で、偉そうに振る舞っている人は

本当に自信がないため

他人からの賞賛を求めているのかもしれません。

 

そして次のポイント

自尊心は人生において最も重要な要素の一つであり

自分に自信を持つことが

幸せになるための基礎になります。

自尊心を高めることができれば

幸せになるための鍵を

手に入れることができます。

 

自己肯定感は

我々が子供時代に受けた

教育によって形成されます。

しかし、不幸なことに

一部の親や教師は自己肯定感が低く

否定的な意見を持っていることがあります。

しかし、それらの意見は

親や教師が自分の意見として言っているものであり

あなたには関係ありません。

それらを無視し

自己肯定感を高めることが重要です。

 

自分の能力や才能を発揮することは

自尊心を高めることにつながります。

一方、自慢は自己評価が低い人がよくすることで

過去の栄光を語ることによって

自己を高めようとするものです。

実力を持っているならば

恥ずかしがらずにそれを

人に知らせることが大切です。

 

自分自身を誇示することと

自分の能力を正直に評価し

それを他人に伝えることは全く違うものです。

自慢をする人は、自己評価が低く

過去の栄光を語りがちです。

自分に自信がないため

言葉でアピールをするのです。

社会に役立つ才能や技術を

持っているのなら

恥ずかしがらずにそれを

他人に知らせることが大切です。

 

 

憧れを抱くことが大切

妬むことは

それを手に入れようと努力をしないのに対し

憧れることはそれを

手に入れるために努力することである。

妬む者は憧れを持たないが

憧れる者は妬みを持たない。

 

妬みと憧れは同じ発端から来るが

一方は負の感情に陥り

行動を阻害するが

もう一方は正面から前に進む動力になる。

重要なのは、妬みの感情に気づき

それを正直に受け入れることです。

自尊心が高い人は妬みや憧れの感情を認められる。

妬みを通じて自分が本当に

望む姿を見つけることができます。

だから、妬みの感情が生じるトリガーを

常に意識しそれを活用することが大切です。

 

 

悪口を言わないことが大切

悪口を言うことは絶対にやめましょう。

人を傷つけることは決して

良いことではありません。

人を尊重することが大切です。

自尊心が低い人は他人を批判したり

悪口を言う傾向があります。

自分自身を高めるためにも

他人を尊重することを心がけましょう。

 

 

自己愛を大切にすることが幸せになる

自分自身を愛することが最も重要です。

どんなに愛されても、自己愛がなければ

精神的に不安定になります。

自己愛がなければ、他者も愛せず

世界も愛せないことになります。

 

支配欲の強い人は、他人を支配すれば

自分自身も幸せになれると考えがちですが

それは本当の愛ではありません。

支配欲は、精神的な不安や恐怖から来ているのです。

自己愛を増やすことで、支配欲は減り

自分自身も他人も幸せになれるでしょう。

自分自身を愛することが、人生の中で最も大切なことです。

 

自己愛が自分にとって

最も重要な愛だと認識することで

他人の愛を必要としなくなり

精神的に安定することができます。

この状態で自己が真に自立していると言えます。

また、この状態でだけ本当の愛を

他者に向けることができます。

しかし、現実には自立している人は

少ないと考えられます。

 

 

自分で自分を愛する

そして次のポイントが最も大事なのですが

誰かに愛される事で幸せになろうとしてもうまくいきません。

まず自分で自分を愛することが必要だという事なのです。

 

 

 

結論として、自己肯定感を高めることが

成功への鍵だという事が伝えられています。

そして、この本は成功に必要な

心の持ち方についてのヒントを提供しているので

ぜひ読んでみることをおすすめします。